United We Stand 解離性同一性障害当事者向け冊子

◆解離性同一性障害の当事者向け冊子”UNITED WE STAND”をデータに起こした物です。
このページは『9.解離性同一性障害でいる事は私にとって問題でしょうか?』について書かれています。

1.はじめに/2.解離性同一性障害とは

3.事の起こりから始めましょう

4.解離する能力とは?

5.解離が解離性同一性障害になるとき/6.交代人格について

7.どのように解離性同一性障害は援助されるのでしょうか?/
8.解離性同一性障害でいることは悪いことですか?

解離性同一性障害、当事者のために- イメージ画像


 9.解離性同一性障害でいる事は私にとって問題でしょうか?

これは非常に重要な質問です。もし多重人格である事があなたや他の人の生命を脅かす物であるとしたならば、助けられなければいけません。
次のような質問をあなた自身にしてみてください。

・あなたには自分を害し、対人関係を悪くするような交代人格が現れますか?

・あなたには我を忘れてさまよい、あなたを危機的状態に陥れる交代人格がいますか?

・あなたには酒を飲んだり薬物を使ったりあるいは他の自滅的な振る舞いをする交代人格がいますか?

・あなたの人生をより良くしようと努力する事を邪魔する交代人格がありますか?

・あなたを酷い目に遭わせ苦しめる交代人格がありますか?

・あなたは頭の中の雑音や声や騒音を止める事が出来ませんか?

・誰かがあなたの交友関係を終結させますか?

・あなたがやっとのことで稼いだお金を誰かが使いますか?

・食べすぎたり食べなかったり、あるいは沢山食べて吐き出すような誰かがいますか?

・他の人を害したりあるいは殺そうとしたり、あるいはあなたを害するような誰かがいますか?

 

またもしあなたが親であり、一人の交代人格が子供を恨みあるいは害を与えたりあるいはほったらかしにしようとするなら解離性同一性障害だであることは重大な問題です。

もしこれらのうちの幾つかが起こっているとしたならば、あなたを危機に陥れ害を与えたり、あるいは他人、特に子どもに危害を加えようとしている交代人格を止めさせるように助けを求める事は大切です。交代人格の破壊行動を止めさせるように手助けする事はできます。

多重人格に取り組んでいる治療者が沢山おり*、どのように手助けできるかを知っています。*アメリカにおける話

(つづく)

 


この文章の全ての著作権は下記に帰属します。
UNITED WE STAND:A Book for People with Multipile Personalities

◆解離性同一性障害の当事者向け冊子
”UNITED WE STAND”は、私が主治医から解離性同一性障害の診断結果を告げられた時に渡された、解離性同一性障害当事者向けの冊子です。
翻訳当時「多重人格」と呼ばれていた病名の部分は現在「解離性同一性障害」に変更になっているため書き換えてあります。

◆訳者について
この冊子を紛失し、掲載すべき訳者の先生がたの名前が不明となっております。
もしこの冊子をお持ちの方や、訳者をご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。