United We Stand 解離性同一性障害当事者向け冊子

◆解離性同一性障害の当事者向け冊子”UNITED WE STAND”をデータに起こした物です。
このページは『7.どのように解離性同一性障害は援助されるのでしょうか?/8.解離性同一性障害でいることは悪いことですか?』について書かれています。

1.はじめに/2.解離性同一性障害とは

3.事の起こりから始めましょう

4.解離する能力とは?

5.解離が解離性同一性障害になるとき/6.交代人格について

解離性同一性障害、当事者のために- イメージ画像


7.どのように解離性同一性障害は援助されるのでしょうか?

 ここまで読んで、おそらくあなたは自分が解離性同一性障害かどうか何か感じたことでしょう。

 例え貴方が、少しばかり暴かれたとか、恥ずかしいとか、あるいは見透かされたとか、脅かされたと感じても、それは心配ありません。

今のあなたには、いろいろなことに感情を表す権利があるのです。多くの解離性同一性障害の人は、中に色々な人たちを持っているので自分が変わっていて、人間離れした存在で狂っていると怖れながらも、何年も、何年も中にいる人達と秘密を守って生きてきました。

 

 解離性同一性障害は、大抵あなたの良いお友達です。

彼らは、様々な感情を持つことが保証されず、それらの感情を共有できる安全な人がいないときに、助けに現れ、あなたの代わりに苦痛を耐えそれらの感情を隠してきました。

 

 幸運にも、あなたは大人になり、かつて必要とし利用しててきた全ての防護は必要でなくなりました。
※この冊子は成人を対象としているようです。

 

今からがチャンスであり、嫌なことが起こる事は全て終りました。

そして、今まで起こった事を思い出して苦痛や恐怖を感じたとしても、もはや身体的な危険はありません。勿論、時にそうでない事もあります。

一部の虐待された子供では、虐待が成人になっても続いています。

これは大変辛く悲しい事です。もしあなたが成人になっているのに安全で無いと感じるなら、援助してくれる専門家や他の回復した人たちに安全と感じる方法について尋ねてみてください。

 

8.解離性同一性障害でいるのは悪い事ですか?

必ずしもそうではありません。
私はあなたが解離性同一性障害になれる事を大変嬉しく思います。

それはあなたが生きていく上で助けになるからです。ひどい虐待を受けてもあなたは自分自身を守り、正気で居れるのです。

酷い目に遭っても耐え、あなたの精神を虐待者から安全に守る事が出来るのです。

解離性同一性障害である事は、必ずしもあなたにとって安全でおれる一つの手段として必要ではないのかもしれません。

解離性同一性障害である事で、更に非常に重大な問題が生じる事になるかもしれません。

友人を作り、交友を続けていく上で妨げになるかもしれません。

きっとあなただけはわかっていると思います。

実際、あなたが受け入れられないような感情のいくつかを交代人格が持っています。

またおそらく解離性同一性障害はあなたが十分に安全であると感じていない敏感な感情も蓄積し、保護しています。

それがどのようなものであれ、これらすべての感情は確かに正しいのです、もしあなたがあなたの感情に気付きそれを受け入れようとするならば、よりもっと全体を感じるでしょう。

こうすることで、あなた自身をより良く知る事ができます。今のあなたは選択の自由があるのです。あなたは現在そして将来に渡って力を得ているのです。

(つづく)

9.解離性同一性障害でいる事は私にとって問題でしょうか?


この文章の全ての著作権は下記に帰属します。
UNITED WE STAND:A Book for People with Multipile Personalities

◆解離性同一性障害の当事者向け冊子
”UNITED WE STAND”は、私が主治医から解離性同一性障害の診断結果を告げられた時に渡された、解離性同一性障害当事者向けの冊子です。
翻訳当時「多重人格」と呼ばれていた病名の部分は現在「解離性同一性障害」に変更になっているため書き換えてあります。

◆訳者について
この冊子を紛失し、掲載すべき訳者の先生がたの名前が不明となっております。
もしこの冊子をお持ちの方や、訳者をご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。