私が取り組んでみて症状の改善や生きづらさの改善の役に立ったものをご紹介。

直接はこの障害に関係のないものだし、有名なものばかりだけど
歪んだ世界観を治す力、良くなりたいという気持ち、良くなろうとする力をつけるのにむえっちゃ有効だったのでまだやってないひと知らない人はやってみて!
特におすすめは赤い三ツ星つけました。

↓まずコレ読むのをおすすめ よくなる決意を生むかもしれない。かも。
★★★被害者意識を知り、それをうまく生かすこと。この情報は目からウロコでした。特に、被害者の立場に
(役に立った本:阪急コミュニケーション「どうしていつも私だけが損をするのか」ヤーヤ・ヘルプスト著)
難解な書き方をしていたり、文化の違いからか腑に落ちない部分もありますが、全体的に見て人間誰しもにオススメな本


↓よくなる決意をもってとりくむと効果200倍(わたくしの気分比)
★★★認知療法(日常気分観察表)で思考のゆがみに気付き、今までとは別の視点を持つ。
☆認知行動療法。考え方の癖を見つけて、行動を通してその癖をとりはらう。
☆自分が主体となった自己表現的な話し方をする。
(役に立った本:創元社「こころが晴れるノート」大野裕 /
役に立ったサイト:「みけにゃんProject~認知療法で憂うつな気持ちとバイバイするにゃ~」)

☆睡眠前・起床時の言い聞かせで、潜在意識に訴える(呼び名がわかりません。佐藤富雄さんや山崎いずみ(リズ山崎)さんの本で見たような。)

EQ  まだ勉強しはじめたばかり。でもEQこそ「こころの体力」という気がしていますよ今のところ。
ガラスのこころをスポンジにできるかもしれぬ。
しかしそれがし、生まれてこの方アンニュイでメランコリックなのが魅力です。(というユーモラスな考え方とかさ。笑)
人とのコミュニケーション能力は、自らのマイナスな感情をうまく扱う能力でもあると思うのです。
心的外傷後のストレス性障害への発展度合いもEQによって違うのではと仮説を立て中。
精神科の諸先生方、この仮説証明してくださいませんか。っていうかもう証明されてるのかしらん。


この病気に限らず、心の病に特効薬のような対処法はありません。

「それでも、よくなる決意をすること」
「こころの体力をつけること」

周りの人からサポートを得るのもよいです。
ただ、回復のために一番大切なのは自分で自分をサポートすることだと私は思います。


リンクフリー。

サイト名: 解離性障害と生きる。
アドレス: http://didjp.com/
バナー(持ち帰りで):

※トップページ以外のアドレスは突然移動したり消される可能性がありますので
リンク/お気に入りは、TOPページを推奨します。