解離性同一性障害

解離性同一性障害を発症しやすい性質

解離性同一性障害の発症に繋がる因子があるのではという仮説から、 クラフトの四因子説/ブラウンの3Pモデルを紹介します。 ◆要は、この因子をそれぞれ兼ね備えた人が解離性同一性障害になる可能性を高くもつであろうという説です。
続きを読む
12