機能不全家族は全体主義国家や宗教的カルトのようにここの家族成員を拘束して、一定のルールの下での生活を共用し、個々人のプライバシーを軽視します。その被害を特に受けるのが子ども達で、親達から有形無形に侵入され、家のルールに自ら進んで拘束される「良い子」になりがちです。
彼らは窒息感を抱きながらも、家族から離れられず、家族の現状を躍起になって守ろうとします。この努力がかさねられるうちに、子ども達は機能不全家族を維持し続けるための一定の役割にはまり込み、それを演じ続けることになります。

この役割が後のその子どもたちの人生にも影響を及ぼし、また子ども自身もその役割が自分のパーソナリティと思い込んでいますが、役割とその子ども本来の資質は必ず同じとは限りません。
いずれにせよ、子どもたちは機能不全家庭の中で「親を助けたい、身を守りたい、生き延びたい」と言った強い欲求からこれらの役割を生き方として身につけていきます。

tasogare

【ヒーロー(英雄)】

 まず、「ヒーロー」と言う役割があります。こういう親の子だからこそ、凄いヒーローが生まれる。昔流行った漫画で、「巨人の星」というのがありましたが、あそこに出てくる星飛雄馬というのは、この種のヒーローです。
野球に限らない。歌手でも俳優でも良い。とにかく世間に評価される子どもがその家族から出ると、その子のさらなる活躍に熱中して、両親の冷たい関係が一時良くなったりする。そうなると子どものほうでもいっそう頑張ろうという事になるから、ますます一芸にひいでるということになるわけです。

【スケープゴート(犠牲の山羊)】

ヒーローの丁度裏返しにあるのが「スケープゴート」です。一家の中の駄目を全て背負うような子どもです。とにかく、この子さえいなければ全て丸く収まるのではないかという幻想を他の家族メンバーに抱かせる事によって、家族の真の崩壊を防いでいるような存在です。
病気するといえばこの子、怪我をするといえばこの子、学校に呼び出されるといえば子のこのいたずらや乱暴のため、近所のこの親が怒鳴り込んでくると思えばこの子が原因、全てこの子。
以前、女子高校生のコンクリート詰め殺人事件と医のがありました。その事件の舞台になった家の少年も、このタイプだったと思います。あの家の長男と次男とがちょうどヒーローとスケープゴートの役割を典型的に演じていたように思うのです。
当時、ヒーローの方は予備校生だったのですが、お母さんとしては彼のことを傷つけたくないという一心で、スケープゴートのほうの事件に無関心を装っていたという事があるようです。非行、シンナー乱用から精神病まで、スケープゴートは忙しいのです。

【ロスト・ワン(居ない子)】

ヒーローやスケープゴートのようには目立たないで、「いない子」という存在の仕方をしている子ども達もいます。「壁のシミ」とも呼ばれます。とにかく静かでも字通り「忘れ去られた子ども」です。家族がいっしょに何かやろうという時にもいない。はじめのうちいたかと思っても、ふっとどこかへ行ってしまう。そしていなくなったことも気付かれないという存在です。こうした形で家族内の人間関係を離れ、自分の心が傷つく事をまのがれようとしているのです。
子どもも中学生くらいになりますと、いろいろ学校の用事ができて、この種の「いないという居方」にも熟練してきます。

【プラケーター(慰め役の子)】

慰め役の子が慰めるのは、一家の中でいつも暗い顔をして、ため息をついている親、多くの場合は母親です。夫の飲酒や暴力の事で頭が一杯になっている母親の肩に手を置いて「どうしたの?」と優しく尋ねる子ですので、私は「小さいカウンセラー」と呼んでいます。多くの場合、末っ子です。

【クラン(道化役の子)】

慰め役の亜種として「道化役の子」がいます。例えば親達の間に言い合いが始まって家族の中に緊張が走るような時、突然とんちんかんな質問を浴びせたり、歌いだしたり踊りだしたりしはじめる子です。
この子は普段から一家の中のペットにされていて、自分でもそれを楽しんでるように見えます。しかし道化の仮面の下の顔は寂しいものです。

【イネイブラー(支え役の子)】

支え役の子は小さい時から、他人の世話を焼いてくるくる働きまわっています。「偽親」とも呼ばれ、子ども達の中の一番上の子がこの役につくことが多いのですが、長男がヒーローやスケープゴートをやって忙しいと、その下の長女などがこの役につくこともあります。母親に代わって幼い弟妹の面倒を見ることもしますし、駄目なお父さんの役割を補完して父親代わりもします。
男の子がこの役について、依存的な母親との間に「まるで夫婦のような」関係が出来ていることもあります。これがいわゆる情緒的近親姦です。母親が欠けていたり、無能力だったりして女の子がこの役についている場合には、もっと深刻な事態が発生します。この場合「まるで夫婦のような」関係は、父親による性虐待を招く事があるからです。このへんが男と女の性行動の違いで、母親と息子との性関係は実際には殆ど生じませんが、男親は娘を性的対象にする事があるのです。

この他にも色々な役割を名付けられるでしょうが、いずれにせよ、そうした役割を担いながら子ども達は大きくなります。
これらの子ども達に共通しているのは、自分の都合ではなく、家の中の雰囲気、母親の顔色、父親の機嫌などを優先して考える事です。一見そのように見えない非行型のスケープゴートの場合さえそうです。子どもの暴力が親の暴力を沈めたり、夫婦間の離婚を防いだりといった事は、むしろ普通です。
ただし、彼らがこのことを意識していると考えないようにしてください。これらは「無意識の言語」、つまり「ふるまい」としてだけ表現されますから、その振る舞いの解読技術を用いない限り、彼らが伝えたい事の内容はわかりません。彼ら自身にさえわからないのです。
こうした生き方の結果として、彼らは自分の感情を感じる事ができません。自分の欲望を持つ事が出来ません。自分の欲望を棚上げした真他人の欲望を自己に取り入れ、それを自分の欲望のようにして生きているわけです。つまり彼らは共依存者です。

「己の欲望」という中身を欠いては、ロボットのような人間と言うほかありません


参考文献:アダルトチルドレンと家族 斉藤学
関連文献:機能不全家族