ご観覧ありがとうございます。
このサイトの基本的な情報をご覧になれます。


 

■当WEBについて

  • 解離性障害の事をメインに運営しています。

    ■当サイトの方針

    「インターネット上で社会向けに解離性障害の正確な情報発信をすること」

    管理人は児童虐待や家庭内問題、学校でのいじめなど複合的な問題から
    PTSDの症状として解離性同一性障害を発症しています。
    解離性障害についてはまだまだ偏見が多い中、実態を知ってもらいたいと言う思いからHPを作りました。
    情報の専門性にはそれなりのこだわりがあります。

    「情報によって解離性障害の自覚の力になること」

    管理人は診断されるまで自分に何が起こっているのかさっぱり分かっていませんでした。
    PTSDの症状で解離状態、鬱、摂食障害など様々な事で日常生活に支障をきたしていましたが家族からは「怠け者、やるきがない」と責められ、それを鵜呑みにしては自分を責める日々をすごしていました。

    私は今でこそ自分の障害を認め、障害についての文献も読んだりすることができるようになりましたが、
    初めは自分が精神科にかかることすら抵抗があり、疑問を持ちながらも何も行動を起こせずにいました。
    きっと昔の私と同じように自分の障害について認識することが出来ず、
    また認識できても正しい情報を得られなず障害を受け止めることが出来ずにいる人、解離性障害の人がいるはず。

    情報によって症状を自覚し、また同じ仲間を見つける場にもなれるよう努力していきます。

  • このサイトの製作者・管理人は倉橋となっております。
    このサイト著作権は管理人にあります。

  • ページ内文書の複写や転載、引用、改変は禁止です。

  • サイトの主要な更新は2001年-2003年の二年半の期間で終了しました。

    このサイトは当初、管理人が自分の病気を理解し、
    病気と付き合って生きていくために作ったページでした。

    ですが自分の病気を勉強することは、風邪や傷をそのままの状態で一生懸命勉強してるようなものだと思うようになり更新を終了しました。
    知ることによって不安が解消されたり、誰かとの役に立つこともあると思うので病気の文献は残しておきます。
    今後はたまーに見た目他を整える程度の更新にとどまります。

     


■メールについて

  • 今のところ連絡手段を閉じております。相変わらず引きこもり。
    そのうちフォームを設けようかと思っていますが…過去と折り合いが付けられず未定です。15/07/25


■ブラウザについて

  • 移転と共にレスポンシブデザインとなりました。
    スマートフォンを含めどのブラウザからもご観覧頂けます。15/07/25


■リンクについて

  • このページはリンクフリーです。
    ※トップページ以外のアドレスは突然移動したり消される可能性がありますので
    リンクはトップページにお願いします。

  • サイト名: 解離性障害と生きる。管理人: 倉橋アドレス: http://didjp.com/バナー(持ち帰りで):

  お知らせ

・気がついたらサイトが消えていたので移転しました 15/03/13

・物申す 07/08/31

・実に2年ぶりの更新です 07/04/07

・プロフィールなど若干修正。 4/12

・法人・団体・学術的サイト優先でリンクページ再編集。 3/7

・2005年が皆様にとってよい1年になりますように。

・2004年12月、移転しました。お手数ですが、ブックマーク、リンクの変更をお願いします。


count since January 23,2001

T先生方、お元気ですか。